BMWは試乗車だった!常磐道あおり運転ついに犯人特定、逮捕!?顔写真公開!?


スポンサーリンク

8月10日、早い方はお盆休みに入っている方も多い中、茨城県の常磐自動車道であおり運転による傷害事件が起こった。

被害者の運転していた車にはドライブレコーダーが設置されており、その映像が全国的に公開され、SNSなどでも話題になっています。

スポンサーリンク

BMWによる危険なあおり運転

茨城県、静岡県、愛知県の3県で目撃された白のBMWによるあおり運転。

7月23日
新東名高速(岡崎東IC付近)では、トラックの前にいきなり現れ、虫のように蛇行運転や急ブレーキを繰り返す。窓から手を出し、トラックに向かって「こっちに来い!」というような合図をするが、後続車に阻まれて事なきを得た。


7月23日
静岡市内にある国道1号バイパスでは、120kmという法定速度を大幅に超えたスピードで幅寄せや、危険な運転を繰り返す。


8月10日
常磐道(守谷SA付近)では、後続車を停めて運転者に暴行する。
被害者のドライブレコーダーに映っていた、ガラケーで撮影をしていた女の正体はいったいなんなんでしょうか。
確実に殴った方が悪いのにも関わらず、撮影をしていた意味・・・。
殴られた男性からは被害届が出されており、茨城県警が捜査しているという。

 

 

常磐道でのあおり運転、ついに犯人特定、逮捕!?

この新東名高速で起きたあおり運転と常磐道で起きたあおり運転の車のナンバーが一致していることがわかった。

調べによると、このBMWはディーラーの試乗車らしく、貸し出していたディーラーは横浜市内にあるBMWらしい。

よく試乗車でここまで危険な運転ができますよね・・・。

このディーラーから情報を聞き出せば、犯人の特定もできるし、逮捕も時間の問題かと思います。

スポンサーリンク

SNSでも話題に!!

 

息子が動画で謝罪?

今回の騒動は私の父がしたことと息子らしき方が登場した!
この動画は、今回のあおり運転をした方の息子だと言っているが、本当なのだろうか??

スポンサーリンク

犯人の名前や顔写真について

現在のところ、犯人に関する顔写真や名前については、どこのメディアでも公開はされていませんでした。

※警察の犯人確保発表を待たずに犯人を特定してネット上で吊るし上げるのは注意しましょう!

昨年の話になりますが、SNSや掲示板にデマを投稿したとして、男性11人を名誉毀損(きそん)容疑で福岡県警が書類送検しています。そして、今年3月にはこのデマ情報を流した男性8人に対して(3人は示談が成立)880万円の損害賠償を求める訴訟を起こしている。

あおり運転対策と対応

煽られている車から、逃れようとスピードを上げて逃げるのは危険ですので絶対にやめてください。まずは、ハザードランプを点けて、徐々にスピードを落とし、路肩に停車させてください。

相手がそのまま走り去ってくれたら良いのですが、相手も車を停めて降りてきた場合です。この時、車のドアをロックし、すぐ警察に連絡(110番)してください。

警察が来るまで時間がかかると思いますが、絶対に外には出ず、車内で待機しましょう。車を叩かれようが、蹴られようが、車よりも自分自身の身を守ることが最も重要です。

そして、あおり運転対策として、ドライブレコーダーに記録すること、道を譲ることを心がけましょう!

スポンサーリンク

まとめ

今回紹介した「あおり運転」「アクセルとブレーキの踏み間違い」その他、様々なトラブルに備えてドライブレコーダーを装備する方が増えてきています。

むしろ、車を購入する際には、標準装備品として必要な物になってきています。

まだ少し、お値段はしますが、結果として「常磐道あおり運転」のように、ドライブレコーダーを設置して良かったという方は多いはずです。

設置さえしていれば、いつかはあなたを守ってくれる強力な盾となります。

上にも書きましたが、あおり運転に遭った場合、道を譲る、警察に連絡、ドライブレコーダーを設置、自分自身の身を守ることが最優先です。

よければクリックお願いします!
↓↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク