大平貴之さんのプラネタリウム!メガスター(MEGASTAR)が凄い


スポンサーリンク

プラネタリウムは進化し続けています。

現在、圧倒的に支持されているプラネタリウムはメガスター(MEGASTAR)です。

まずは星の数を見てください。

【従来のプラネタリウム】
星の数:9000個

 

この投稿をInstagramで見る

 

松島龍戒さん(@ryukai2358)がシェアした投稿

綺麗ですが靄がかかっていますね。

 

【メガスター】
星の数:1500万個

川崎経済新聞より

いかがでしょう。星が1粒ずつくっきり見えますね。

星の数を比べてみると、その差は1700倍!実際の画像を比べてみると違いがよく分かります。

そして、メガスターはレンズの数もずば抜けています!レンズは32個も付いています。

天の川もこの通りです。

こんなに多くの星が見られるのは大平さんのプラネタリウム「メガスター」だけです。

開発者である大平貴之さんの経歴やメガスターの仕組み、「かわさき宙(そら)と緑の科学館」との関わりなど紹介します。

お子様の自由研究にもおすすめですよ。

スポンサーリンク

メガスターは超ハイスペック

プラネタリウムクリエイターの大平貴之さんが手がけたメガスター、その機能を紹介します。

投影される星の数は1500万個。これは肉眼では絶対に見ることができない数になります。本物以上の星空と評判です。

実際の投影中に双眼鏡を使って細かく見ることも可能です。これだけギッシリ星が詰まっているプラネタリウムは他にありません!

投影機は特別制

赤いボディの投影機には32個のカメラが装着されています。それぞれのカメラが割り当てられたエリアの星を映し出します。

そして、カメラのレンズには原版が埋め込まれています。

この原版に小さな穴をあけることで、星を1つずつ表現しているのです。

原版の穴の大きさは何と1万分の7mm!映し出される星の細かさも納得ですね。

プラネタリウムクリエイター大平貴之とは

それでは開発者である大平貴之さんの紹介です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MEGASTAR / Ohira Techさん(@megastar.ohira.tech_japan)がシェアした投稿

【基本情報】

名前 大平 貴之
生年月日 1970年3月11日(49歳)
出身地 神奈川県川崎市
専門分野 プラネタリウム
学歴 日本大学生産工学部機械工学科
就職 ソニーに就職→2005年に有限会社大平技研を設立

※サイン会など多くのイベントを開催しています。

※もちろん解説もしてくれます♪

受賞歴

1993年3月 – 日本大学優秀賞
2003年10月 – 川崎アゼリア優秀賞
2005年11月 – 日本イノベーター大賞優秀賞
2006年4月 – 文部科学大臣表彰 科学技術賞
2006年6月 – BVLGARIブリリアント・ドリームアワード2006
wikiより

上記に加えて、2004年に日本科学未来館と共同開発したMEGASTAR Ⅱ cosmos(投影星数560万個の)がギネスワールドレコーズに認定されました。

大平貴之さんは、プラネタリウムクリエイターとして世界一といえるほどの人物ですね。

ちなみに特許数は15件以上!審査請求出したものは100%特許査定されています。

スポンサーリンク

かわさき宙(そら)と緑の科学館を紹介

正式名称は川崎市青少年科学館。名前の通り川崎市が運営する施設になります。

「自然、天文、科学」の3つの体験が可能で子供の自由研究にピッタリです。

自由研究は以下の3つから選べます

  • 自然
    「生田緑地観察会」では沢山の昆虫や植物が存在する「生田緑地」をガイド付きで探索します。写真を沢山撮って生物まとめノートを作りましょう!
  • 天文
    最新の「メガスター」で大宇宙を体験できます!気になった星座を調べるのにうってつけですよ。さらに、天体望遠鏡や双眼鏡を使って本物の星や月、惑星を観察できます。直近の開催は8月24日(土)「土星・木星など」です。
  • 科学
    「わくわく!科学実験教室」では携帯電話や電動歯ブラシに使われている振動モーターを作ることができます。直近の開催は「振動モーターカーを作ろう」9月14日(土)です。

その他、10種類近くもの体験教室が開催しています。まさに自由研究に最適な施設ですね。

しかも料金は無料~100円です。この夏1番のおすすめスポットですよ。ホームページからのお申し込みも行っています。

大平貴之の最新作を体験しよう

そして大平貴之が開発した最新のプラネタリウム「MEGASTAR-Ⅲ FUSION(メガスター・スリー・フュージョン)」が楽しめます。

メガスターのプラネタリウムに加えて、デジタル映像を融合させた最新作です。見ごたえ十分の宇宙空間となっています。

※TVでも紹介されました。

メガスターが導入されてる施設一覧

日本科学未来館
住所:東京都江東区青海2-41
東大和市立郷土博物館
住所:東京都東大和市奈良橋1-260−2
伊丹市立こども文化科学館
住所:兵庫県伊丹市桑津3-1−36
日立シビックセンター科学館
住所:茨城県日立市幸町1-21−1
かわさき宙と緑の科学館
住所:神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-2
神奈川工科大学厚木市子ども科学館
住所:神奈川県厚木市中町1丁目1-3 厚木シティプラザ7階
山梨県立科学館
住所:山梨県甲府市愛宕町358−1
藤橋城・西美濃プラネタリウム
住所:岐阜県揖斐郡揖斐川町鶴見332−1
富士川楽座 プラネタリウム わいわい劇場
住所:静岡県富士市岩淵1488-1
もいわ山展望台
住所:北海道札幌市南区北の沢1956
奈良市教育センター キッズドームシアター
住所:奈良県奈良市三条本町13-1
プラネタリウム BAR
住所:東京都港区白金台4-9-23 ツツイ白金台ビル 5F
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか?一般的なプラネタリウムと比べて段違いの性能ですね。

大平さんは現在、体験型プラネタリウムの開発をしているそうです。

その内容は「飛行機の中から眺めるプラネタリウム」です。飛行機のコックピットを仮想空間として、上空から星空を鑑賞します。

本当に未来のプラネタリウムですね。完成したらスグに体験したいです。

 

よければクリックお願いします!
↓↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク