小泉進次郎 デキ婚(婚前妊娠)で伯母激怒


スポンサーリンク

令和元年のビックカップル、小泉進次郎衆議院議員と、フリーアナウンサーの滝川クリステルさんの結婚発表は、世間を大きく騒がせ祝福ムードに包まれました。

しかし、この結婚に激怒している方がいらっしゃるそうです。

それが、進次郎氏の伯母にあたる小泉信子さん。

小泉信子さんとはどういった人物なのか?なぜ激怒しているのか?

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

小泉信子さんのプロフィール

小泉信子さんは小泉進次郎氏の伯母、つまり小泉純一郎元首相の姉に当たります。

ちなみに信子さんは、5人兄弟の三女で、父は防衛庁長官を務めた小泉純也さんです。

政治家を嘱望されていた?

信子さんは父親の秘書を務めており女性初の大臣秘書官でもあった為、父親が亡くなると、跡を継いで選挙に立候補することを周りから勧められていたそうです。

しかし、信子さんはその話を固辞し、代わりに弟の純一郎氏を立候補させました。

政治家小泉純一郎の誕生後は、再び秘書として30年以上務め上げ、2代に渡る大物政治家を裏で支えていたことから、「女帝」、「影の総理」等と呼ばれていたそうです。

小泉純一郎の離婚の原因は姉・信子?

小泉純一郎元首相は、宮本佳代子さんという女性と1978年に結婚しています。

ちなみに結婚当時、佳代子さんの祖父である奏道照山さんはエスエス製薬の会長であったことで話題となりました。

その後長男・孝太郎、次男・進次郎が生まれますが、1982年には離婚してしまいます。

離婚の原因ははっきりしていませんが、当時大学を卒業したばかりで政治の世界を何も知らなかった佳代子さんと、女系家族で選挙を取り仕切っていた、夫・純一郎さんの母や姉との確執が大きな原因であったと言われています。

進次郎さんの育ての親?

純一郎さんの離婚後の孝太郎さんと進次郎さん2人の子育てですが、実は純一郎さんの姉が母親同然に育てていたようです。

ただ、姉といっても三女の信子さんではなく、長女の道子さんです。

実際、進次郎さんは高校生の時に初めて父・純一郎さんから、道子さんは母ではなく自分の姉だと告げられるまで、本当の母親だと思っていたそうです。

そんな進次郎さんですが、父の跡を継いで政治家の道を歩むようになります。

その政治家小泉進次郎に政治のイロハを教えたのが、信子さんのようです。

デキ婚(婚前妊娠)で激怒

そんな信子さんが、実は進次郎さんと滝川クリステルさんの結婚に激怒しているらしいです。

その理由は、結婚発表会見で大きな話題にもなりましたが、すでにクリステルさんが妊娠しているということ。

いわゆるデキ婚(婚前妊娠)ですね。

昔ほどではないにせよ、やはり世間ではデキ婚に対してネガティブなイメージは残っているようです。

政治家はやはりイメージが大事ですし、これまでイケメン爽やか政治家として、女性からの大きな支持を集めていた進次郎さんですから、デキ婚は大きなマイナスイメージに繋がる可能性があります。

これまで進次郎さんを手塩に掛けて育ててきた信子さんが激怒するのも分からなくもありません。

スポンサーリンク

まとめ

小泉進次郎さんの叔母であり、小泉純一郎元首相の姉でもある信子さん。

父・弟・甥と3代に渡る大物政治家を支え、育ててきました。

その大事な甥が、まさかのデキ婚をしてしまったという事で、信子さんが激怒しているという噂もあながち間違いでは無いように思えます。

信子さんを納得させられるくらい、進次郎さんにはこれから政治家としてさらなる活躍をして頂きたいと思います。

よければクリックお願いします!
↓↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク