なぜ女子テニスは稼げるのか?大坂なおみが稼ぐ女性アスリート第2位へ!


スポンサーリンク

2019年8月6日、米国のフォーブス誌が「2019年版の最も稼いだ女性アスリート」を紹介しました。

今年のランキングには注目ポイントが2つあります。

まずは「大阪なおみ選手」が2位にランクインしたことです。

アジア人女性で年収ランキング2位は史上初!その額も2,430万ドル(26億7,300万円)と超高額です。

全米オープン優勝後はCMも増え続け、スポンサー料は前年の10倍以上となりました。

さて、今年のランキングには大きな特徴がもう1つあります。

上位トップ10をテニスプレイヤーが独占していることです。

残念なことに、他のスポーツは1つも入っていません。テニスがいかに儲かるスポーツなのか証明していますね。

ここでは、「稼ぐ女性アスリートTOP10」と「なぜテニスは稼げるのか?」について紹介します。

スポンサーリンク

稼ぐ女性アスリートTOP10発表!

それでは、名前と金額、スポンサーを紹介します。

1位:セリーナ・ウィリアムズ

  • 競技/テニス
  • 総収入:2,920万ドル(32億1,200万円)
  • 獲得賞金:420万ドル
  • 契約料:2,500万ドル

2位:大坂なおみ

  • 競技/テニス
  • 総収入:2,430万ドル(26億7,300万円)
  • 獲得賞金:830万ドル
  • 契約料 :1,600万ドル
  • スポンサー:ナイキ シチズン時計、日産、資生堂、P&G 他

3位:アンゲリク・ケルバー

  • 競技/テニス
  • 総収入:1,180万ドル(12億9,800万円)
  • 獲得賞金:530万ドル
  • 契約料 :650万ドル
  • スポンサー:アディダス、ヨネックス、ポルシェ 他

4位:シモナ・ハレプ

  • 競技/テニス
  • 総収入:1,020万ドル(11億2,200万円)
  • 獲得賞金:620万ドル
  • 契約料 :400万ドル
  • スポンサー:ナイキ、ウィルソン、メルセデスベンツ 他

5位:スローン・スティープンス

  • 競技/テニス
  • 総収入:960万ドル(10億5,600万円)
  • 獲得賞金:410万ドル
  • 契約料 :550万ドル
  • スポンサー:ナイキ他

6位:キャロライン・ウォズニアッキ

  • 競技/テニス
  • 総収入:750万ドル(8億2,500万円)
  • 獲得賞金:350万ドル
  • 契約料 :400万ドル

7位:マリア・シャラポア

  • 競技/テニス
  • 総収入:700万ドル(7億7,000万円)
  • 獲得賞金:100万ドル
  • 契約料 :600万ドル

8位:カロリーナ・プリスコワ

  • 競技/テニス
  • 総収入:630万ドル(6億9,300万円)
  • 獲得賞金:460万ドル
  • 契約料 :170万ドル
  • スポンサー:FILA A

9位:エリナ・スビトリーナ

  • 競技/テニス
  • 総収入:610万ドル(6億7,100万円)
  • 獲得賞金:460万ドル
  • 契約料 :150万ドル
  • スポンサー:ナイキ、ウィルソン 他

10位(タイ)

  • ビーナス・ウィリアムズ
  • 競技/テニス
  • 総収入:590万ドル(6億4,900万円)
  • 獲得賞金:900,000ドル
  • 契約料 :500万ドル

10位(タイ)

  • ガルビネ・ムグルサ
  • 競技/テニス
  • 総収入:590万ドル(6億4,900万円)
  • 獲得賞金:240万ドル
  • 契約料 :350万ドル
  • スポンサー:アディダス、エビアン、ロレックス 他

 

いかがでしょうか?契約料が非常に高い印象ですね。特に1位のセリーナ・ウィリアムズは契約料が獲得賞金の6倍になっています!

次の項目では女子テニスの契約料について言及します。

テニスはなぜ稼げる?その秘密は契約料の高さ!

契約料とはスポンサー料のことです。

テニスなので、スポーツ系(ウェア、シューズ、ラケット、キャップ等)が多いですが、実はそれだけではありません。

ツアーのための飛行機や自動車をはじめ、時計やマットレスなど多岐に及びます。女性ならではのスポンサーとして、化粧品メーカーが多いことも特徴ですね。

女性テニスプレイヤーは、総収入の50%以上がスポンサー料という選手が大多数を占めています。

テニスは広告効果が高い!

テニスはスポーツ界では珍しく女性ファンが多めです。その為、化粧品やファッションといった広告効果は男性より高めです。

また、テニスにはオフシーズンがほとんどありません。

1年を通して人気選手が大会に出場してくれます。他のスポーツと比べて露出度が高い点もテニスにスポンサーがつきやすい理由の1つです。

このように、テニスは広告としての魅力が非常に高いです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか?

収入ランキングに加えて、テニスの高い広告効果もお伝えしました。TOP10が全てテニスだっとことも納得ですね。

さて、高額な賞金や契約料が稼げる反面、女子テニスプレイヤーは他のスポーツと比べてライバルも多いです。

そんな中、活躍中の大阪選手に目が離せませんね。

プレイ自体も注目ですが、今後収入ランキングで1位を取る可能性は非常に高いです。様々なアジア初や21歳という若さもあって、大阪選手と契約したい企業は山ほどいるでしょう!

よければクリックお願いします!
↓↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク